So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

TRANSFORMERS (2007) [movie]

※軽くネタバレ注意

いや〜変身(トランスフォーム)ですか。気持ち悪いくらい凄いね。あちこち同時にガチャガチャカチャカチャ滑らかにトランスフォームされちゃうと、どこに視点を合わせていいのやら分からなくなる。
冒頭の米軍との戦闘、高速道路上でのトランスフォームしながらのバトル、ラストの街中での攻防戦には思わず、( ゚д゚)ポカーンと目を丸くし呆気にとられながらも脳が刺激されずにはいられない驚異的な映像になっている。脳内麻薬出っぱなし。この迫力、圧巻です。っだから例え国防長官自ら銃を持って奮闘しようが、人類の命運が平凡な1人の青年に託されようが、携帯電話ノキアがトランスフォームしてコミカルに暴れまくろうともハハッと苦笑しつつも許せてしまうに足るシーンがてんこ盛りなのだ。

トランスフォーマーと言えば車をはじめとする様々な乗り物が人型に変形するロボット株式会社タカラの玩具ミクロマンシリーズが逆輸入というカタチでトランスフォーマーとして返ってきた。僕の記憶の片隅にあるのはトランスフォーマーの逆輸入アニメかな。コンボイが変形するロボットがリーダーだった。敵のお話になるとチャーララーラー♪という音楽とマークが裏返って暗転するのが印象的だった。今回この映画がどこまでアニメに忠実なのかは覚えてないけど、彼らが何故地球上に現れたのか?人類を破滅に導くキューブとは?冒頭から丁寧に説明されていく。

さて、試写上映前の説明によれば9.11テロ以降禁止されていたペンタゴンでの撮影解禁、GM最新モデルのカマロがでてくるんだと。出てきましたよ黄色いボディで。それも旧型の車種を馬鹿にされた故に、最新モデルをスキャン?してそのボディとなって戻ってくると言うお茶目ぶり。スティーブン・スピルバーグが関わってるだけあって笑わせるシーンも多数有り、終始緊迫してないところが息抜きできて良い。お笑い担当は主人公の母親やハッカーのデブが重かな。日本へのサービスカット?としては、トランスフォームを間近で見た主人公がこれは日本製だ云々の台詞、携帯電話がトランスフォーム時に、日本は侍の国だからな(?)などがあった。

そういや、冒頭のヘリの中に軍人としてプリズンブレイクに出てきた逃亡犯スクレ役の人が出てくるんだけど、いつの間にかいなくなってた。多分殺されたんだろうけど、トランスフォームに目が釘づけでそんな事はぶっとんでいました。コンボイ=オプティマスプライムをはじめとする、遊軍が集結してきて一斉にトランスフォームするシーンに身震いする。そしてボス同士のビルを破壊しながらの壮絶な一騎打ち。後半に行くほどお話がファンタジー臭くなるので、そこは仕方ないね。で、終わり方だけどね、こりゃ興業収入次第では続編ある感じ。しかしまたこの2時間半にも及ぶ長編ぶり。おケツが痛くなるのは言わずもがなです…(>_<)

■トランスフォーマー映画オフィシャルサイト
■トランスフォーマー公式サイト


nice!(13)  コメント(106)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ゲド戦記 (2006) [movie.j]

ゲド戦記

ゲド戦記

ピーコさんだかおすぎさんだかに「これはゴミです!」と言わしめたとか言わしめてないとかいう作品だったっけか?原作者も怒らせたとか怒らこらせてないとか。で、まぁそこまで酷くないだろうと、淡い期待を寄せましたが最後まで確かに、なんだかなぁ〜(阿藤快さん風)な出来でした。観る者に投げかけてるかのような説教臭い言い回しの台詞の数々。押しつけがましいぐらい繰り返される「生きることの意味」

いや、言ってることはどれも確かしそうだし、そうだよねとは思うけどね。伝えたいことも現代に置いて通じる至極全うな事ばかりなんだけどそれが透けすぎててムカツクというか、設定すらも薄ら寒いぐらい現代の病巣を反映しすぎている。…主人公は愛情に飢えた末の親殺し、ヒロイン幼児虐待の被害者、町には拝金主義達が溢れ、町の路地には麻薬売りや、麻薬中毒が寝転がってる…。主人公のテンションは、最後の最後まで低いし、それをフォローするムードメーカーもいないから、暗澹たるテンションで物語は進む。

あと、物語もキャラの破綻ぶりも酷い。ハイタカは大賢人と呼ばれるぐらいの魔法使いなのにことごとく
計画性のない動きが多い。テルーが急にアレンに心許す意味もわからん。徹底して、キャラの過去を見せないから、関係性は台詞による説明だけでなんか感情移入もあまりできない。アニメなんだから、過去エピソードくらい挿入すればよいのに。そして親殺しのフォロー無しでハッピーエンドもくそもないだろうに。自分の国に帰って、贖罪して、投獄されるなり処刑されるなりした方が教育的には良いんじゃないかな。それぐらい強い意志と、自分のしたことの償いを持って終わらせて欲しかったね。・・・ってそれは子供が観るにはキツすぎるか(^o^)


風の谷のナウシカ (ゲド戦記・公開記念切手 付き) 天空の城ラピュタ (ゲド戦記・公開記念切手 付き) ハウルの動く城 (ゲド戦記・公開記念切手 付き)


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

LUCKY NUMBER SLEVIN (2006) [movie]

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)

※ネタバレ注意

ニューヨークにやって来た不運続きの青年が、
大物ギャング同士の対立に巻き込まれていくクライムサスペンス。
ジョシュ・ハートネット、ブルースウィリスルーシー・リュー、
モーガン・フリーマンという豪華キャストだぜ。

オープニングからセンスある映像でカッコヨス。
特に文字が消えていく感じが良い。殺される人の目線に
なったカメラワークなど、なんか観ていて飽きない。

意味不明のまま、殺し屋によって行われていく殺人。
殺し屋が語る20年前の悲惨な事件。そしてきな臭い
事件に巻き込まれた1人の頼りない不運続きの青年スレヴン。
陽気なリンジー(ルーシー・リュー)の存在が何やらこの作品の
暗黒部分を中和している感じです。

ストーリーをそのまま追っていくと疑問符ばかりが出てくる。
ある程度、こうなんだろうなと予測しないと頭が混乱するかも。
脱落しないで最後まで見れば、丁寧すぎるほど説明がなされますがね。

ブルース・ウィリス演じる殺し屋グッドキャットは相変わらず
ブルース・ウィリスそのものだった。これが良いんだけどね。
20年前の回想シーンでも、相変わらずの変装ぶりに笑いがこみ上げる。

まぁ結局、壮大な復讐劇であったワケです。
因果応報。復讐される者達が半ば諦め、受け入れるカタチの演技が
またせつない。ある部分でありがちな展開にも素直にえぇぇ!?と
なってしまった。疑問が残る箇所としては、殺し屋グッドキャットは
何故少年の命を助けたのか?ラストでも結局お目こぼししちゃったしね。

冷徹非情な殺し屋じゃないのかよ(^^;)少年のあの眼差しにやられたのか、
ただ単純に非道な理由で消される家族に同情し、仲間を嫌悪したのだろうか…。
ネタバレが分かり易すぎる分、こういう観た者任せの部分てのも良いけどね。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。