So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆれる (2006) [movie.j]


東京カメラマンとして成功している弟、猛(オダギリジョー)が
母親の一周忌に故郷に帰ってくる。
家業を継いだ兄、稔(香川照之)はその日も忙しく動き回っている。
弟にはやさしいし母に代わり父親の身の回りの家事までこなしている兄。
そして兄の元で働く猛の元恋人智恵子との3人が渓谷の
吊り橋を訪れた時、事件は起こってしまう。

香川輝之さんの迫真の演技が怖わひ!
吊り橋の上で、智恵ちゃ〜ん!と背後から近づく表情はホラー級。
そりゃモテナイよ…。突然サイレントになって、川の激流の音がドドドドッ!って
観てる側には何が起こったか分からない。

弟は吊り橋が見渡せる場所で兄と智恵子の何を見たのか?
一部始終を目撃した猛は知らない振りを装い橋の上で震える兄を抱きしめる。
「俺が落と・・・」その言葉を遮り弟は事故だと兄に言い聞かせる。
翌日智恵子の遺体が上がる。

兄貴が落としたことは明白なんだけど、微妙な謎が多い。
結局罪悪感を抱えた兄は自白する。
そして裁判の過程で少しづつ明かされる弟の知る由もなかった兄の本音。
そこから精彩を欠いた香川さんの演技は必見。
弟の派手な人生を羨んでいた兄。真面目で素直な兄貴を慕う弟。
遠く離れていても繋がっていたはずの二人の絆がこの事件をきっかけに揺れ動く。

検察官役の木村祐一さんはちょっとな〜。顔にドスは利いていて
追求する側としてのイイ憎まれ役なんだけど
関西弁と標準語の混在した台詞に違和感があり
嫌味なほどの追求の仕方がコントっぽい感じがしてしまった。

この作品は同姓の兄弟がいる人の方が
その奥深い二人の微妙な感情を推し量れるのではないだろうか。
その場合、どちらかに感情移入してしまうかも知れないが…。

僕は最後に「てめえ!」となってしまった。
ラストの兄の微笑の真意は見る人によっては受け取めかたが違うかも…。

ゆれる

ゆれる

  • 作者: 西川 美和
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 7

コメント 3

香川くん、いい役者になってきましたね。
わたしは、映画よりwowwowのボクシング番組で見るほうが多いですが^^
なんか、見てみたいですよ。 今度見てみます。
by (2007-04-16 11:39) 

kesoさん こんばんは!
けっこう有名キャストの割には知らない映画でした(>_<)
オモシロそうですね~!
by (2007-04-17 00:38) 

keso

>>シンナツさん。
香川君は良い演技しますね〜。ボクシングも面白いですけどね!
この映画もwowwowで放送されたら是非ご覧下さい。

>>アグエロさんこんばんは!
ストーリー的に暗い感じで終始進む物語ですけど
なかなか人の心の深淵をむき出しにして、
血縁の絆を考えさせられる良い映画でしたよ!
by keso (2007-04-17 23:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。