So-net無料ブログ作成

HANNIBAL RISING (2007) [movie]


トマスハリス原作レクター博士シリーズ最新作「ハンニバル・ライジング」
ハンニバルの原点が日本にあったとか、なんか意味深な
煽りしてくれちゃってるけど、日本文化がハンニバルという
食人鬼を生み出したみたいで失礼極まりないね!

ハンニバル・レクター役のギャスパー・ウリエルは美青年過ぎ!と
思ってるのは僕だけだろうか。少年期のハンニバルも滅茶苦茶可愛らしく、
後年あのようなぼってり腹のおっさんになるかと思うと・・・。
いやアンソニー・ホプキンスは素晴らしい役者さんですけどね。

今回は怪物レクター博士がどのようにして生まれたのかが紐解かれる物語だ。
戦争によって生み出された悲劇がハンニバルの全てを奪う。
両親を失い、妹を残酷に失った出来事がトラウマを生み悪夢を生む。
だが、カニバリズムの原点は意外な所にあったのだ。

孤児となったハンニバルは叔母さんを頼る。
叔母さんは日本人でムラサキという名前だ。そんな名前ねーよ。
叔母さんによって合戦における大阪城でのさらし首の歴史や
剣道を習ったり、日本文化を学ぶハンニバル。

なんかこれまでのレクター博士シリーズを根底からひっくり返す
無理矢理な後付設定のような感じがするが日本人としてはなんか嬉しいね。
んで、叔母さんを馬鹿にしたお肉屋さんを刀で切り刻み
さらし首にするなど、あながちCMの煽りは間違ってなかった事が判明。

この若さにして既に人の恐怖を植え付け取り込む才能の片鱗を
見せるハンニバルは医学生として順調に解剖学を学ぶ。
だが彼の心の中は「復讐」という名の闇に囚われていたのだ。
復讐が全てのモチベーションになっていたのかもしれないな。

そして後半は妹の敵討ちに奔走し、彼らとの対決で
なんかアクション映画みたいなノリが意外で面白かったけど
なんか今までのシリーズがっ・・・て感じが否めなくもない。


羊たちの沈黙 ハンニバル レッド・ドラゴン


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 5

paraden

この映画には非常に興味があります。
羊たちの沈黙はジョディー・フォスターしか
印象がなかった、難解な映画でしたが、
二作目、三作目は見てません。
出来としてはこっちのほうがいいらしいので
いつかDVDで見てみたいと思っています。
相変わらず、kesさんの解説は引き込まれますね。
by paraden (2007-04-29 15:50) 

さくママ

これ、すごく見たかった映画なんですが・・・いかんせん、お子が小さいもので・・・映画は勿論、DVD借りて見るわけにも行かないだろうなぁ~(T_T)
by さくママ (2007-04-29 23:01) 

kesoさん こんばんは!
ハンニバル自体 ちょっと怖くて見られなかったのでコレも見ないかも(>_<)
ホラーよりも こういった内容の方が怖いです(^_^;)
by (2007-04-30 00:08) 

keso

>>paradenさん。
このシリーズはグロさへの抵抗とレクターに興味を抱けば
かなり楽しめるシリーズだと思います。羊と、レッドドラゴンでは
脇役ですが、その存在感とキャラ立ちは一級品だと思います。
僕はレッドドラゴンがイチオシですかね〜。

>>さくママさん。
小さいお子さんがいるとツライですね。このシリーズは絶対見ることが
出来ませんし見せてはいけませんし…。トラウマになっちゃいますからね。
でもこの映画は今までのシリーズよりはグロ描写は少なかったです。

>>アグエロさんこんばんは!
さあ、驚けホラーより、精神的に参りそうなホラーですよね。
このシリーズは。でも興味本位が勝って観てしまうんです…。
by keso (2007-04-30 06:20) 

観てみたいです。
無理矢理な後付設定、楽しめそうです^^
by (2007-05-04 11:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。