So-net無料ブログ作成
検索選択

ゾンビ自衛隊 (2005) [ZOMBIE]

ゾンビ自衛隊

ゾンビ自衛隊

  • 出版社/メーカー: GPミュージアムソフト
  • 発売日: 2006/04/25
  • メディア: DVD


なかなか近所にないので、ちょい遠い普段行かないそこそこ品揃えが
良いレンタルビデオ屋さんに行って、これだけを借りるために
会員になりました。そこまでして見たいかと言えば、
クソ作品と云うことは予測できるので正直観たくないのが本音ですが…。

だがこのクソも楽しめぬようでは、ゾンビ映画好きを公言できぬ。
いや楽しむ必要はないか。ゾンビ道はつらく険しいのだ。
いやまだ見てないのでクソというのは控えよう。
とんでもない傑作かも。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

さて、ある意味楽しむことも考慮しながらゾンビ自衛隊を見始めた。
冒頭日本国旗が風になびきながら、何者かの主張が始まる。
靖国参拝を首相がするのは当然の義務だとか、主権国家として日本は
自分で身を守る為に軍事力は必要だとか…しかし戦争屋アメリカの大批判。
えーと保守的な思想になるのかな?ヒダリの方々が卒倒しそうな主張の後、
だがアメリカの文化は認めると。特にジョージ・A・ロメロは偉大だとか。

なんでわざわざ冒頭にそんな主張をするのかは良く分からないが
なかなか面白い導入部だなと思いつつ、一機のUFOが富士の樹海に墜落する。
その爆発が引き金となり、樹海の死体達が動き始めるのだ。

登場人物達は樹海の首つり死体を回収していた自衛隊員、
樹海で写真撮影しているアイドル、仲間を殺すために
樹海に来たヤクザなどとっても日本らしい面々である。

結構、邦画にしてはゴアシーンやゾンビさん達の動作も頑張ってはいたんだけど、
妊婦ゾンビからはいただけない。転んで死ぬ前は妊娠4ヶ月だと言っていたのに
ああも育った元気な赤ちゃんゾンビがぴょんと飛び出し、天井近くの時計に
片手で捕まりながらへその緒を武器に襲ってくるのである。妖怪やんけ。

ペンションに立てこもったり、陽動作戦したり、ゾンビに噛まれる
怪我人が出る当たりなどは、ロメロ映画を一通りオマージュしている。
ゾンビが生前の行動・動作をとるなども邦画にしては芸が細かい。
アイドルの髪をとかしながら腕を嚙みちぎるヘアメイクゾンビとかね。

オリジナル性としては頭を撃ち抜かれても元気にジタバタしているなど、
無敵かよ!という感じが何ともかんとも。
単に特殊メイクへの予算や役者やエキストラを増やせない都合だと
考えるのは大人のイヤなところなので裏を読むのはやめておこう。

その他にも、どっかで見たことあるようなホラー映画のシーンが
ちりばめられていてホラーファンには結構面白いかも知れんね。

そして後半から超展開。邦画の悪いところがやっぱり出ちゃったよ。
主役の女性自衛官は実はサイバー自衛官で既に演習中に死んだんだけど
アンドロイドとして蘇えさせられたスーパー自衛官だったのである。
奥歯のスイッチでなんかパワーアップしたスーパー自衛官が
日本刀を武器にバッサリアクション。なんかヒーローモノみたいになってきやがった。

最後は樹海に眠っていた太平洋戦争時の日本兵の将校ゾンビとの
超絶バトルである。スーパー自衛官の目には英霊=敵兵士とか表示されてて笑う。
冒頭の熱い語りは、このフリだったのか?横には愛国心というゲージもある。

熱い超スピードバトルの後、真っ二つにされた将校ゾンビは何故か大爆発。
最後はピカチュウに似た可愛い宇宙人が「タコチュー!」ほざきながら
「地球の皆さん仲良くしてね」と登場するがバッサリ殺され「あべし」と叫んだり、
次々UFOが墜落してきて富士山が爆発したりやりたい放題である。

この収束具合はいただけない。制作者側の悪のりである。オタク文化だし
ピカチュウ的なもん出しときゃ受けるだろう的な、安易な発想に反吐が出る。
そこらへんは硬派で良いと思う。今時ピカチュウもズレすぎだろが。あべしもな。
そう読み解くと、冒頭の語りも最近の若者は右傾化してるからこういうの
入れとこうよと見てもしない制作風景が浮かんでくる。深読みしすぎか?
でも思ったより楽しめたからヨシ。

東京ゾンビ プレミアム・オブ・ザ・デッド (限定生産) 東京・オブ・ザ・デッド-3日- ゾンビ・オブ・ザ・デッド 3


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 4

佐喜春

なんか…すごい
by 佐喜春 (2007-05-16 23:22) 

kesoさん こんばんは!
お久しぶりです!

へぇ~ 邦画も変わったゾンビ映画を出してるんですね!
主役の 渡瀬美遊って女優さんはまったく知らないけど アクションはできてましたか?
by (2007-05-16 23:57) 

お久しぶりです。
なんだか凄い映画ですね~。
>次々UFOが墜落してきて富士山が爆発したり
凄い展開になってしまってますね^^ 違う意味で面白そう。
by (2007-05-17 10:02) 

keso

>>佐喜春さんどうも。
すごい作品でした…。

>>アグエロさんこんばんは。ご無沙汰しておりました。
僕も主役含め出てくる俳優さんは知らない人達ばかりでした。
アクションは酷かったです。カメラワークは特撮的な撮り方で
それなりに見せられてはいたんですけどね…。

>>シンナツさん、お久しぶりです。
違う意味では面白かったですよ。ちょっとやりすぎですけどね。
by keso (2007-05-19 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。