So-net無料ブログ作成

武士の一分 (2006) [movie.j]

武士の一分

武士の一分

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: DVD


大日本人では自分でも気持ち悪いくらい長文で感想
書いてたのであっさり目で武士の一分の感想。

キムタクの丁髷姿に最初違和感も覚えるも、
窶れて荒んでくると、なかなかな様になってくるから不思議。
でもやっぱり『たそがれ清兵衛』での真田広之のような
演技の重さ?迫力がない気がするな〜。

方言である〜ガンス!に気を奪われつつも
要所要所にクスリとさせるシーンやキャラの魅力が光るのも
さすが山田洋次ワールドといったところ。
物干し竿で頭を打つシーンは少し狙いすぎだけど。

徳平(笹野高史)のキャラも良いけど、噂好きお節介な親戚おばさん
桃井かおるのキャラが良かった。あと一番左端のたくわんボリボリお毒味役ね。

赤ツブ貝の毒味をした際に失明してしまう新之丞(木村拓哉)。
視力は失ったが、夫婦の絆はより深いモノになったようだ。
失明をして悲壮感漂うモノの、全体的にほんわかシーンが続く中
果たし合いのシーンはなかなか息を呑む程に際だっている。

こだまする雄叫び。鳥の鳴き声。目の見えぬ相手の気迫に押され
逃げ隠れて様子をうかがう果たし合いの相手島田藤弥!

欲を言えば日本の風光明媚な景色をもう少し盛り込んで欲しかったかな。


武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付) たそがれ清兵衛 隠し剣 鬼の爪


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 4

面白そうですね~。
山田洋次ワールド、なんとなく分かるような気がします。
キムタクかぁ、上手いと思いますが、何をやってもキムタクになっちゃうからなぁ。 でも、観てみたいです。
by (2007-07-09 08:00) 

paraden

果し合いのシーンは確かに素晴らしい。
最近年取ったせいか、責任とって切腹というシーンをみると、
現代に生まれてホント良かったと胸を撫で下ろします。
私なんか何回切腹しなけりゃいかんか。
by paraden (2007-07-10 19:47) 

keso

>>シンナツさん。
そうなんですよね。キムタクはなんでもキムタクになってしまうのが
ネックなんですよね。でも意外に馴染んできますよ。丁髷。

>>paradenさん。
わかりますわ〜!あの時代に生まれていたらと考えると
僕も腸出しまくりだったですよ。
切腹はイヤですが、武士道精神というモノに憧れますけどね。
by keso (2007-07-19 00:04) 

バーバリーブラックレーベル

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)
by バーバリーブラックレーベル (2013-07-31 20:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。