So-net無料ブログ作成
検索選択

LUCKY NUMBER SLEVIN (2006) [movie]

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)

※ネタバレ注意

ニューヨークにやって来た不運続きの青年が、
大物ギャング同士の対立に巻き込まれていくクライムサスペンス。
ジョシュ・ハートネット、ブルースウィリスルーシー・リュー、
モーガン・フリーマンという豪華キャストだぜ。

オープニングからセンスある映像でカッコヨス。
特に文字が消えていく感じが良い。殺される人の目線に
なったカメラワークなど、なんか観ていて飽きない。

意味不明のまま、殺し屋によって行われていく殺人。
殺し屋が語る20年前の悲惨な事件。そしてきな臭い
事件に巻き込まれた1人の頼りない不運続きの青年スレヴン。
陽気なリンジー(ルーシー・リュー)の存在が何やらこの作品の
暗黒部分を中和している感じです。

ストーリーをそのまま追っていくと疑問符ばかりが出てくる。
ある程度、こうなんだろうなと予測しないと頭が混乱するかも。
脱落しないで最後まで見れば、丁寧すぎるほど説明がなされますがね。

ブルース・ウィリス演じる殺し屋グッドキャットは相変わらず
ブルース・ウィリスそのものだった。これが良いんだけどね。
20年前の回想シーンでも、相変わらずの変装ぶりに笑いがこみ上げる。

まぁ結局、壮大な復讐劇であったワケです。
因果応報。復讐される者達が半ば諦め、受け入れるカタチの演技が
またせつない。ある部分でありがちな展開にも素直にえぇぇ!?と
なってしまった。疑問が残る箇所としては、殺し屋グッドキャットは
何故少年の命を助けたのか?ラストでも結局お目こぼししちゃったしね。

冷徹非情な殺し屋じゃないのかよ(^^;)少年のあの眼差しにやられたのか、
ただ単純に非道な理由で消される家族に同情し、仲間を嫌悪したのだろうか…。
ネタバレが分かり易すぎる分、こういう観た者任せの部分てのも良いけどね。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

豪華キャストですね~。
観てみたいです。
ブルース・ウィリスには、冷徹非常な殺し屋は無理かもしれませんね^^
by (2007-07-19 10:49) 

keso

>>シンナツさん。オーシャンズシリーズに負けず劣らずの
豪華キャストです。ブルース・ウィリスが主役ではないですが
内容共にブルース・ウィリスの為にあるような作品でした。
by keso (2007-07-19 21:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。