So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲド戦記 (2006) [movie.j]

ゲド戦記

ゲド戦記

ピーコさんだかおすぎさんだかに「これはゴミです!」と言わしめたとか言わしめてないとかいう作品だったっけか?原作者も怒らせたとか怒らこらせてないとか。で、まぁそこまで酷くないだろうと、淡い期待を寄せましたが最後まで確かに、なんだかなぁ〜(阿藤快さん風)な出来でした。観る者に投げかけてるかのような説教臭い言い回しの台詞の数々。押しつけがましいぐらい繰り返される「生きることの意味」

いや、言ってることはどれも確かしそうだし、そうだよねとは思うけどね。伝えたいことも現代に置いて通じる至極全うな事ばかりなんだけどそれが透けすぎててムカツクというか、設定すらも薄ら寒いぐらい現代の病巣を反映しすぎている。…主人公は愛情に飢えた末の親殺し、ヒロイン幼児虐待の被害者、町には拝金主義達が溢れ、町の路地には麻薬売りや、麻薬中毒が寝転がってる…。主人公のテンションは、最後の最後まで低いし、それをフォローするムードメーカーもいないから、暗澹たるテンションで物語は進む。

あと、物語もキャラの破綻ぶりも酷い。ハイタカは大賢人と呼ばれるぐらいの魔法使いなのにことごとく
計画性のない動きが多い。テルーが急にアレンに心許す意味もわからん。徹底して、キャラの過去を見せないから、関係性は台詞による説明だけでなんか感情移入もあまりできない。アニメなんだから、過去エピソードくらい挿入すればよいのに。そして親殺しのフォロー無しでハッピーエンドもくそもないだろうに。自分の国に帰って、贖罪して、投獄されるなり処刑されるなりした方が教育的には良いんじゃないかな。それぐらい強い意志と、自分のしたことの償いを持って終わらせて欲しかったね。・・・ってそれは子供が観るにはキツすぎるか(^o^)


風の谷のナウシカ (ゲド戦記・公開記念切手 付き) 天空の城ラピュタ (ゲド戦記・公開記念切手 付き) ハウルの動く城 (ゲド戦記・公開記念切手 付き)


武士の一分 (2006) [movie.j]

武士の一分

武士の一分


大日本人では自分でも気持ち悪いくらい長文で感想
書いてたのであっさり目で武士の一分の感想。

キムタクの丁髷姿に最初違和感も覚えるも、
窶れて荒んでくると、なかなかな様になってくるから不思議。
でもやっぱり『たそがれ清兵衛』での真田広之のような
演技の重さ?迫力がない気がするな〜。

方言である〜ガンス!に気を奪われつつも
要所要所にクスリとさせるシーンやキャラの魅力が光るのも
さすが山田洋次ワールドといったところ。
物干し竿で頭を打つシーンは少し狙いすぎだけど。

徳平(笹野高史)のキャラも良いけど、噂好きお節介な親戚おばさん
桃井かおるのキャラが良かった。あと一番左端のたくわんボリボリお毒味役ね。

赤ツブ貝の毒味をした際に失明してしまう新之丞(木村拓哉)。
視力は失ったが、夫婦の絆はより深いモノになったようだ。
失明をして悲壮感漂うモノの、全体的にほんわかシーンが続く中
果たし合いのシーンはなかなか息を呑む程に際だっている。

こだまする雄叫び。鳥の鳴き声。目の見えぬ相手の気迫に押され
逃げ隠れて様子をうかがう果たし合いの相手島田藤弥!

欲を言えば日本の風光明媚な景色をもう少し盛り込んで欲しかったかな。


武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付) たそがれ清兵衛 隠し剣 鬼の爪


大日本人 (2007) [movie.j]


※結構ネタバレ注意。

良くも悪くも松本人志ワールド全開バリバリの作品。
松本人志のお笑いエキスや面白感性が細やかに隅々まで配分され、
社会に対する独特の風刺を交えながら、宿命を背負いし男を哀愁いっぱいに描く。
僕的にはVISUALBUMの延長線上にある、松本作品という位置づけだ。

ファン的にコアであればあるほど、その細部の要素に新しい松本流
お笑いポイントを見いだせるだろうが、大爆笑する程でもないし
コアだからこそ会話などのニュアンスにニヤリとしながら成る程と頷き、
そうキタか!と納得してしまう部分多数アリ。
個人的に終始標準語の松本人志に違和感がありニヤニヤ観てしまっていた。

必要な時に大きくなるものが好きな大佐藤大(松本人志)は
獣(怪獣)を退治する役目を背負った六代目の大日本人。
大佐藤大(だいさとうまさる)。佐藤を「大」で挟むネーミングセンス。
以前はゴールデンタイムでの放送だったらしい大日本人の中継。

しかし人気の凋落と共に深夜2:40からの放送になり
ラテ欄にあるのはタイトルすらはしょられた大日◆。
…などなど人志さんの笑い(遊び)のきめ細やかさを覗かせる。

そして軽い認知症である四代目の存在とその痕跡が、
三丁目の夕日要素と云うか古き良き日本の昭和テイストを醸し出している。
六代目が住む家共々、哀愁漂う存在である。

獣との対決シーンと落ち部分以外はすべて大佐藤や
小堀マネージャー(UA)、大佐藤を取り巻く人々のインタビュー
いわゆるドキュメント形式で物語は進んでいく。

このインタビュアーが曲者で、大佐藤の話の矛盾を辛辣に突いたり、
思いやりを欠片もみせない無礼な質問、酒が入ってタメグチになったり、
暴かなくて良い現実を見せたり…、仕方なく仕事させられてる感バリバリで
終始軽めな感じで大佐藤のインタビューに望んでいるのが面白い。

続きを読む


涙そうそう (2006) [movie.j]

涙そうそう スタンダード・エディション

涙そうそう スタンダード・エディション


沖縄の素晴らしい風景と、開放的な雰囲気がよいメンソーレ。
義理の妹のため、自らの夢のために身を粉にして働く“にーにー”こと
新垣洋太郎(妻夫木聡)。そして高校に通うために
本土にやってきた義理の妹カオル(長澤まさみ)の物語。

あーいやだいやだ。なんだこの典型的な展開。
一生懸命頑張って働くにーにーに訪れる、詐欺師の罠!
そして医大に通う恋人との身分の違いから訪れる恋の破局。
どれもベタな展開だけど、さわやかに笑うにーにー。

学歴は関係ないといいながら、妹を強固に大学に行かせようとする姿勢や
医大の彼女の未来を思いやるが故、別れの決意をするにーにー。
学歴コンプレックスに囚われていたのは、にーにー自信だと指摘されるが
むしろ死の淵の母親から託された使命を全うしたいという
自分の中の真を貫いた生き様なのだろう。

そして兄と妹の思いやりがぶつかり合うところにうるっときたり。
また1年半も会わなくなるという不可思議なブランク
二人の間に否定しなければいけなかった恋心なのだろうね。

にーにーの恋人役麻生久美子もなまら綺麗だが、
長澤まさみはどの角度から観ても可愛いすぎて笑うしかない。
病室で叫ぶ「に〜に〜!」は少し薄ら寒いモノを感じたけれど、
さわやかでいてせつなく、揺さぶられる後味が残る作品でした。
テキサス・チェーンソー観た後だけに尚更だったな。

涙そうそう スペシャル・エディション すべての人の心へ -映画 涙そうそう 兄ィニィと過ごした日々- 妻夫木聡×長澤まさみ『涙そうそう』 photo story book


ゆれる (2006) [movie.j]


東京カメラマンとして成功している弟、猛(オダギリジョー)が
母親の一周忌に故郷に帰ってくる。
家業を継いだ兄、稔(香川照之)はその日も忙しく動き回っている。
弟にはやさしいし母に代わり父親の身の回りの家事までこなしている兄。
そして兄の元で働く猛の元恋人智恵子との3人が渓谷の
吊り橋を訪れた時、事件は起こってしまう。

香川輝之さんの迫真の演技が怖わひ!
吊り橋の上で、智恵ちゃ〜ん!と背後から近づく表情はホラー級。
そりゃモテナイよ…。突然サイレントになって、川の激流の音がドドドドッ!って
観てる側には何が起こったか分からない。

弟は吊り橋が見渡せる場所で兄と智恵子の何を見たのか?
一部始終を目撃した猛は知らない振りを装い橋の上で震える兄を抱きしめる。
「俺が落と・・・」その言葉を遮り弟は事故だと兄に言い聞かせる。
翌日智恵子の遺体が上がる。

兄貴が落としたことは明白なんだけど、微妙な謎が多い。
結局罪悪感を抱えた兄は自白する。
そして裁判の過程で少しづつ明かされる弟の知る由もなかった兄の本音。
そこから精彩を欠いた香川さんの演技は必見。
弟の派手な人生を羨んでいた兄。真面目で素直な兄貴を慕う弟。
遠く離れていても繋がっていたはずの二人の絆がこの事件をきっかけに揺れ動く。

検察官役の木村祐一さんはちょっとな〜。顔にドスは利いていて
追求する側としてのイイ憎まれ役なんだけど
関西弁と標準語の混在した台詞に違和感があり
嫌味なほどの追求の仕方がコントっぽい感じがしてしまった。

この作品は同姓の兄弟がいる人の方が
その奥深い二人の微妙な感情を推し量れるのではないだろうか。
その場合、どちらかに感情移入してしまうかも知れないが…。

僕は最後に「てめえ!」となってしまった。
ラストの兄の微笑の真意は見る人によっては受け取めかたが違うかも…。

ゆれる

ゆれる

  • 作者: 西川 美和
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


やわらかい生活 (2006) [movie.j]

やわらかい生活 スペシャル・エディション

やわらかい生活 スペシャル・エディション


寺島しのぶ主演、豊川悦治、松岡俊介、田口トモロヲ、
妻夫木聡、柄本明など豪華俳優が脇を固め、
ほのぼのしてそうだけど意外に世知辛い現実を見せられる映画
でも蒲田の何気ない景色がとても心地よく、
休日に散歩がてらデジカメ片手に出かけたくなるそんな前半。

輝かしいキャリアを歩んできた優子が両親の死をきっかけに
躁鬱病を患い、会社を辞め保険金で気ままなまったりした生活を送る。
適当に男と遊んで、街を散策し観覧車や、公園の遊具、銅像、何気ない
街並みをデジカメで撮影し、ボーっとする。
こんな時間が永遠に続くわけでも、続けることが出来るわけはない。
だからこんな期間があっても良いのではないかと思わされる。

神戸地震で親を亡くした、9.11同時多発テロで友人を亡くした、
年上の彼氏が地下鉄サリン事件で死んだなど
分かり易い嘘で周りの共感を得ようとする主人公。
だが死因はともかく亡くした事には変わりなく、
「死にたくなるが怖い。」そう呟く優子は生き続けることを目標に
今をまったり生きているのだ。

EDの政治家、痴漢フェチの男、気の弱いヤクザ、そして幼なじみ。
いろんな男との出会いが彼女の心を揺らす。

競馬場やカラオケではしゃぐ寺島しのぶ、豊悦の2人が可愛い。
イイおっさんとおばさんだがな。
透明傘をズボンに掛けて歩く豊悦はかっこ良い。
妻夫木君にチンピラヤクザ役は似合わない。

「俺、誰かにおやすみって言われたの久し振りだよ。」とか
「今までの時間が勿体ないって言ったけど、今が勿体ない。」など
何気ない豊悦の台詞に寺島しのぶ演じるところの優子だけでなく
観てるこっちも何かこころ動かされる感じがする。
全体を通して生きることの意味や、不安で孤独だからこその繋がる人間、
頑張りすぎる事への警鐘など重そうなテーマが収束しているようで
実は前向きなメッセージを所々で伝えているように見える。

でも、ラストはどうなのだろうか。ちょっと安易な展開な気がする。
そこだけ切り取られたように現実味がないというか、救いがないというか…。

愛の流刑地』共演時に豊川悦治と熱愛が報じられたが
やっぱり映画公開前の話題づくりだったのか。大変だね本人達にとっては。
ともかく寺島しのぶさん、結婚オメデトウございます。


TAKESHIS’ (2005) [movie.j]


パズルのように進むストーリー。デジャブのように挿入され繰り返されるシーン、
同じ役者でも役所が次々に代わり、難解な解釈を禁じ得ない作品だなぁ。
これを解釈できるのは本物のバカか北野監督級の天才か
北野監督本人だけかもしれない。

それにしても相変わらずの常連出演者で新鮮味のない布陣である。
大杉漣、寺島進、岸本加世子…。安心して観られるという側面はあるけれど。

単純な見方をしてると、主人公の願望か妄想か夢オチが予想され、
周りから抑圧される主人公が後にカタルシスを爆発させる展開で
まさにタクシードライバーのような印象も・・・。
芸能界で活躍するビートたけしコンビニ店員で役者オーディションに通う北野君。
ピエロは芸能界で活躍するたけしを暗喩しているのか?
はたまたジキルとハイドのような二面性を今の本心にちょと乗せて
投影しているのだろうか。松村邦洋、内山信二のデブコンビが所々に現れるのも
それに関連した意味があるっぽい登場だ。深読みしすぎか?

海、ヤクザ、タップと北野映画お馴染みのファクターがあり
美輪昭博さんのヨイトマケの唄を聴けたり、もう詰め込みすぎ。

ラストに現れる米兵と日本兵で、そういや冒頭にもそんなシーンあったな〜とか
思いだして、結局日本兵が米兵に殺される前の走馬灯的なものだったのか?
日本人としてのアイデンティティーを促すメッセージなの?
感想すら集約しきれないので、理解しようとしてはいけないのかもね。
考えながら観ると疲れます。もうリタイヤします。さよなら。

次は分かり易い座頭市の続編でお願いしますって、
北野武監督最新作は『監督・ばんざい!』6月公開予定で「笑い」がテーマだそうです。
これが松本人志監督の『大日本人』とかぶってるんだよな〜。
意味ありげな直接対決ですね。

座頭市 <北野武監督作品>

座頭市 <北野武監督作品>

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • 発売日: 2004/03/11
  • メディア: DVD


ジョゼと虎と魚たち (2003) [movie.j]


邦画は原作・脚本・世界観が命。
原作/田辺聖子、脚本/渡辺あや、監督/犬童一心が送るせつないラブストーリー映画
冗長的な展開がとても心地よく、もの悲しくせつないラストに心打たれること必至。

足が悪く歩くことが出来ないジョゼ(くみ子)と恒夫のデートは
微笑ましく応援したくなる雰囲気に包まれている。
終わって欲しくない幻想的な2人の時間は誰にでも訪れる、
幸福と背中合わせの残酷な現実なのだろう。

それにしても妻夫木君は本当に健やかでさわやかカッコイイ。
どの女優よりも綺麗な顔をしているゼ!ちくしょう。
上野樹里の眉毛の太さに圧倒されながらも、
池脇千鶴演じるジョゼの存在感がとても良い。良すぎる。
このキャラに惚れない男はダメだな。誰でもど真ん中に来るんじゃないの?
関西弁うめぇ〜な〜と思ってたけど大阪出身なのね。

ちょっと頂けないのは恒夫のラストの号泣シーン。
突然あんな場所で別の彼女といて号泣しねぇよと思った。
リアルさを求めすぎて逆にリアリティがない演出な気がする。

だがこの映画を観た後、別に誰も死ぬわけじゃないのに
予告スポットを観ただけでうるっと泣ける。そんな映画。



メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)

メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • 発売日: 2006/03/03
  • メディア: DVD


メゾン・ド・ヒミコ (2005)

ピキピキピッキー!

『ジョゼ』に続き脚本・渡辺あや監督・犬童一心コンビの第2弾
ガンで余命幾ばくもないゲイである父親と、その父親の若い恋人がいる
ゲイのための老人ホームメゾン・ド・ヒミコで
日曜だけバイトすることになった娘との交流を描いた作品。

オダギリジョーのゲイ役はまぁなんか様になってるし
柴咲コウがブサイクな性格で演じるこの役所も
表情までブサイクにみえてくるから不思議だ。これは役者魂?
でも柴咲コウの七変化チャイナ姿はゲロマブでした。良い。

情緒的な海辺のホテルを改装したメゾン・ド・ヒミコで
ゆったりした時間が流れる中、父を、ゲイという存在を拒絶する娘の心が
少しづつ氷解していくのは、他のゲイ達との交流によるのが
なんか現実的で、それでいて微笑ましい。
海へ駆けていく尻丸出しのゲイのホープ達に笑っちゃいけないんだろうけど
爆笑しながらも、厳しい現実がそのゆったり流れる空間で
住人達に少しずつ降り注いでいく。
歌澤寅右衛門演じるルビイさんが特に良い味を出してました。

ちなみにピキピキピッキーとはアニメでセーラームーンのまがい物
主人公が使う必殺技魔法である。それは超強力である。多分。

ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track) メゾン・ド・ヒミコ オダギリ ジョー 柴咲コウ 田中泯「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book


その男、凶暴につき (1989) [movie.j]

北野 武初監督作品
そのバイオレンスシーンは実際体感した者でなくても痛々しい現実感に溢れている。
いや〜久し振りに観たけど、今観ても色あせないないな〜。

ホームレスのドアップで物語は始まり、そのホームレスをゲーム感覚で襲う少年達。
直ぐさま現れて、少年一人の家を訪れるたけしさん演じる刑事。
そして少年法で守られていて高をくくっている少年をボコボコにする展開はなんとも痛快だ。
勿論、キャリアである佐野史郎さん演じる署長にお説教食らうわけだが…。

映画館の前で殺し屋に襲われるシーン、流れ弾が関係ない人に当たって
死んじゃうんだけど、その横にいた友達役の女の人の演技が絶品。
叫ぶんだけど掠れていて叫び声になっていないトコロがまたリアル。
あ〜いきなり隣にいる友達が撃たれたら、こんな叫び方になるかもしれないなみたいな。
後、薬の売人への連続ビンタシーンも必見。
役者さんの頬が本当に腫れ上がってしまってるから。
これは役者さんが、もっと映りたいからなかなか次の台詞を言わなかったかららしい。

映画全体としては、淡々と描かれる中に突如沸き起こる暴力シーンて感じで
静と動のコントラストが非常にハッキリしている。
一人の刑事のカタストロフィちっくな世界観はせつない。
その不器用さと破滅に向かうもの悲しさは
矛盾と不条理さの世界においては純粋すぎたからかもしれない。

最後、親玉の部下がこの映画に出ているキャラクター達を総括するように呟く
「どいつもこいつもキチガイだ」てな具合に(笑)
そして最後のシーンは本筋には全然関係ない秘書の静止で終わっているのも何かお茶目だなぁ〜。
エリック・サティの曲も物語とは対照的な挿入をされていて面白い。
この映画で「ジムノペディ」という曲名を知って好きになったんだよな〜。

その男、凶暴につき

その男、凶暴につき


日本の黒い夏 冤罪 (2000) [movie.j]

ん〜ちょっと期待し過ぎた…かな。
作品として観ると寺尾聡さんや中井貴一さんがいい演技してるのになぁ〜。
事件後のローカルTV局を訪れた高校生が逆取材を通して
松本サリン事件の冤罪報道へのあらましを追っていくんだけど、
なんか青臭い視点から構成されてるから青臭いつくりだなぁ〜と思ってしまう。
高校生だけじゃなく中井貴一さん以外のローカルTV局の
社員達も青臭い人間ばかりで気持ち悪い。お前ら子供か!!って。
分かり易いっていたら分かり易いんだけども。

あと、ちょっとややこしいのが作品自体は完全なドキュメントではないという所。
モチーフは完全に松本サリン事件なんだけど
あくまで松本サリン事件をモチーフにした作品というとこなんだな。
報道被害を受けた河野さんは神部さんという役名になってたり、
映画中では終始、「カルト集団」という呼称だ。
「オウム真理教」という名称は絶対に出てこないのだ。問題の原点はそこなのにね。
出せばいいのにね。こういうのって何かやっぱり問題あるんかね?

全体的には神部(河野)さんが犯人扱いとした(犯人であるかのように報道した)
マスコミの報道の在り方と警察の内部体質に重きをおいているわけで、
でも後半の松本サリン事件発生をリアルに再現したドキュメントシーンには
悲しさとやるせなさを痛烈に感じた。
普通に日常生活を送っていた人たちが突如痙攣を起こし
絶命する人、未だに後遺症に悩まされるされている人達の事を思うと…。
[松本サリン事件 7人の方が死亡、660人が負傷]
麻原を崇拝している(未だに)バカに見せてやり、何を思うか聞きたいね。
まぁマインドコントロール故の荒唐無稽な答えが返ってくるのは分かっているけどね。

あとひとつ気になったのが
韓国と北朝鮮の首脳会談の報道がシーンと関係なく流れるトコロ。
これって意図的なんだろうかなぁ…?それとも当時の時事的なことで…?
ちょっと深読みしすぎかもしれないけど、オウムと北朝鮮との関係って
朧げながら囁かれてますよねぇ。

そして視聴率重視のTV局への、警鐘も鳴らしてるんですが
どこぞのTV局には特に見習ってもらいたいもんですね。
何処とはいわないが、坂本弁護士事件で不祥事を起こした…ね。
未だに、アホなことやっていますしね〜。

ちょうど、ジョンベネちゃん事件も急展開を見せております。
これも10年前米マスコミの憶測と過熱報道で両親を犯人扱いしていましたよね…。
まだ真犯人は確定してませんが。
でもなんでこの事件、日本マスコミもこぞって取り上げてるんだか意味わかんね。
かなり違和感ありまくりなんですが。なんでだ?

日本の黒い夏 [冤enzai罪]

日本の黒い夏 [冤enzai罪]

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2001/11/22
  • メディア: DVD


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。