So-net無料ブログ作成

武士の一分 (2006) [movie.j]

武士の一分

武士の一分

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: DVD


大日本人では自分でも気持ち悪いくらい長文で感想
書いてたのであっさり目で武士の一分の感想。

キムタクの丁髷姿に最初違和感も覚えるも、
窶れて荒んでくると、なかなかな様になってくるから不思議。
でもやっぱり『たそがれ清兵衛』での真田広之のような
演技の重さ?迫力がない気がするな〜。

方言である〜ガンス!に気を奪われつつも
要所要所にクスリとさせるシーンやキャラの魅力が光るのも
さすが山田洋次ワールドといったところ。
物干し竿で頭を打つシーンは少し狙いすぎだけど。

徳平(笹野高史)のキャラも良いけど、噂好きお節介な親戚おばさん
桃井かおるのキャラが良かった。あと一番左端のたくわんボリボリお毒味役ね。

赤ツブ貝の毒味をした際に失明してしまう新之丞(木村拓哉)。
視力は失ったが、夫婦の絆はより深いモノになったようだ。
失明をして悲壮感漂うモノの、全体的にほんわかシーンが続く中
果たし合いのシーンはなかなか息を呑む程に際だっている。

こだまする雄叫び。鳥の鳴き声。目の見えぬ相手の気迫に押され
逃げ隠れて様子をうかがう果たし合いの相手島田藤弥!

欲を言えば日本の風光明媚な景色をもう少し盛り込んで欲しかったかな。


武士の一分 豪華版(S) (5万セット限定 3大特典付) たそがれ清兵衛 隠し剣 鬼の爪


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大日本人 (2007) [movie.j]


大日本人 (監督、出演 松本人志)

大日本人 (監督、出演 松本人志)

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

※結構ネタバレ注意。

良くも悪くも松本人志ワールド全開バリバリの作品。
松本人志のお笑いエキスや面白感性が細やかに隅々まで配分され、
社会に対する独特の風刺を交えながら、宿命を背負いし男を哀愁いっぱいに描く。
僕的にはVISUALBUMの延長線上にある、松本作品という位置づけだ。

ファン的にコアであればあるほど、その細部の要素に新しい松本流
お笑いポイントを見いだせるだろうが、大爆笑する程でもないし
コアだからこそ会話などのニュアンスにニヤリとしながら成る程と頷き、
そうキタか!と納得してしまう部分多数アリ。
個人的に終始標準語の松本人志に違和感がありニヤニヤ観てしまっていた。

必要な時に大きくなるものが好きな大佐藤大(松本人志)は
獣(怪獣)を退治する役目を背負った六代目の大日本人。
大佐藤大(だいさとうまさる)。佐藤を「大」で挟むネーミングセンス。
以前はゴールデンタイムでの放送だったらしい大日本人の中継。

しかし人気の凋落と共に深夜2:40からの放送になり
ラテ欄にあるのはタイトルすらはしょられた大日◆。
…などなど人志さんの笑い(遊び)のきめ細やかさを覗かせる。

そして軽い認知症である四代目の存在とその痕跡が、
三丁目の夕日要素と云うか古き良き日本の昭和テイストを醸し出している。
六代目が住む家共々、哀愁漂う存在である。

獣との対決シーンと落ち部分以外はすべて大佐藤や
小堀マネージャー(UA)、大佐藤を取り巻く人々のインタビュー、
いわゆるドキュメント形式で物語は進んでいく。

このインタビュアーが曲者で、大佐藤の話の矛盾を辛辣に突いたり、
思いやりを欠片もみせない無礼な質問、酒が入ってタメグチになったり、
暴かなくて良い現実を見せたり…、仕方なく仕事させられてる感バリバリで
終始軽めな感じで大佐藤のインタビューに望んでいるのが面白い。

続きを読む


nice!(8)  コメント(5)  トラックバック(4) 
共通テーマ:映画

ZODIAC (2007) [movie]

ZODIAC 日本公式サイト

久し振りに試写が当たったので観てきました。
デビッド・フィンチャー監督の今までの作品は結構好きだし
実際あった事件の映画化と言うこともあり僕的にかなり
期待度は高かったアメリカで起きたゾディアッーク!事件。
ゾディアックは犯人のPNで時計メーカーからの引用だと云われている。

特異な連続殺人犯の代名詞ともいえるその異様な存在。
FBI犯罪心理捜査とかの本にも出てきたのでその存在、事件は
知っておりました。「俺は人を殺すのが好きだ。 」そんな
ふざけた台詞と自らの犯行声明書いた手紙を新聞社に送りつけ
次の犯行を暗号により予告した、とんでもない愉快犯で
自己顕示欲のカタマリのキチガイ殺人鬼ゾディアック。

H Λ ■ R ⊥ ∃ + B Δ P Θ ⊥ 

+ B Δ P Θ ⊥ K φ Ο N ■ F 

K φ Ο N ■ F H Λ ■ R ⊥ ∃ 

そしてこの作品の特筆すべきは、実際にゾディアックに襲われ
生き延びた被害者がカメオ出演しているという事。
そして新たなる謎の解明に迫ったということなのだ。

これまで何度も映画化されていて、今なお捜査が続いているこの事件。
センセーショナルな展開を見せたこの事件は、ニューヨークでも
ゾディアック事件を模倣した殺人が起こったり
日本でもこの精神異常殺人鬼を英雄視して模倣した殺人を
起こした莫迦がおりましたね。この作品の中で、
相棒刑事がジャパニーズフードを食べたいと何気ない会話として
冒頭と後半に出てくるのですが、もしかして狙っているのか?まさか…ね。

続きを読む


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。